UNITED 採用情報サイト


MENU

CULTURE企業文化を知る

大切にしていること

変わらないのは「人」と「企業文化」

そもそもユナイテッドではなぜ、「人事基本方針」「人材要件」「全社テーマ」を定めているのでしょうか。

前提として、我々の取り組みは全て「日本を代表するインターネット企業になる」というビジョン実現のために実施しています。

変化の激しいインターネット業界では一つの事業が何年も続くという前提ではありません。事業は変わっても、変わらないのは「人」「企業文化」です。

コーポレートカルチャー本部は、強い「企業文化」を醸成し浸透させていくことをミッションにしています。

そのためには、当社の「企業文化」がどのようなものかを明確にし社内外に伝えていく必要があります。

コーポレートカルチャー本部 副本部長 井上怜コーポレートカルチャー本部 副本部長 井上怜

なるほど。企業文化を確立するためにひとつひとつを明文化し、全社員で共有しているのですね。まずはじめに、「人事基本方針」はどういうものなのでしょうか。

人事基本方針は、当社で新たな施策の策定や制度立案などの際に必ず意識をする基本の考え方です。全ての制度が人事基本方針に則って策定しています。

「人材要件」はどういうものですか。

ユナイテッドでは、数多くの事業を展開しており、職種も様々です。「人材要件」は、ユナイテッドで働く上で、役割や職種、職階(グレード)に関係なく全社員に共通する要件です。新卒、中途に関係なく、採用活動の際も3つの人材要件(自責自走・ベンチャースピリット・No.1志向)を満たしているかを重視しています。

コーポレートカルチャー本部 副本部長 井上怜

「全社テーマ」はなぜ設定しているのでしょうか?

企業文化は一つ一つの積み重ねであり、すぐに出来上がるものではありません。そのため、毎年意識的にアクションを起こしていけるよう年度毎に全社テーマを策定しています。一度掲げた全社テーマは次の年には不要ということではなく、毎年積み重ねていくものです。そのため、全社にいかに浸透させていくかも重要です。

全社テーマ策定後はその年のテーマが印字された全社員用のノベルティを作成したり施策や制度にテーマにちなんだ名前をつけたりと、様々な所で浸透を図っています。

unnovationパーカー

ビジョン、ミッションに共感してくれる優秀な人材がユナイテッドで長く働き続けられるよう、一つ一つ定義を創ったうえで施策や制度に落とし込み、「日本を代表するインターネット企業になる」というビジョン実現を目指していきます。

〈人事基本方針〉 1.採用にベストを尽くす。
2.挑戦の機会を提供し、成長の場を与える。
3.自ら考え、行動し、成果を生み出す人材を育成する。
4.成果を上げる者に、厚く報いる。

〈人材要件〉 1.自責自走
2.ベンチャースピリット
3.No.1志向

〈全社テーマ〉 2018年3月期:unnovation「進化する為の自己変革の継続=意図的にユナイテッド式イノベーション
を創出」

過去のテーマ 2014年3月期:最速「何事も最速で取り組む」
2015年3月期:ネバーギブアップ「最後まで諦めずにやりきる」
2016年3月期:マサカッ!「マサカッ!なポジティブサプライズを意図的に多数創り出す」
2017年3月期:入魂「魂を込めて仕事をする」

CATEGORY

関連記事