UNITED 採用情報サイト


MENU

CULTURE企業文化を知る

成長アシスト

エンジニアのための、選ボードと技術書本棚

「選ボード」を利用していますか?

はい、利用しています。入社後、この制度があると知りすぐに利用しました。

エンジニアは基本的にずっと社内でキーボードを触っているので、自分に合ったキーボードとそうでないキーボードとでは全然違うんです。仕事の生産性にも影響があると思います。文字を打つ際の感覚や手の大きさなど、細かいことですが人によって合うものと合わないものがあります。中にはタイピングの音に強いこだわりがある方もいますね。

私は選ボードを利用して「Happy Hacking Keyboard」というキーボードを購入したのですが、とても使い心地がよくて、もう他のキーボードは使えません。笑

テクノロジー統括本部 データ解析部 M.Iテクノロジー統括本部 データ解析部 M.I

「技術書本棚」はどのようなときに使うのでしょうか?

私は新しいアルゴリズムを学びたいときに使います。ネットですぐに調べることもできるのですが、本のほうが情報源が明確で信頼できるので、なるべく本を読むようにしています。

技術書は安くはないので、自分で読みたい本を全て揃えるのはなかなか難しいのですが、必要な技術書を会社負担で購入することができて、技術書本棚にて皆で共有して自由に読めることは本当にありがたいです。

エンジニアメンバーそれぞれが必要な本を購入するので毎月新しい技術書が増えています。

テクノロジー統括本部 データ解析部 M.I

ユナイテッドはエンジニアにとってどんな環境ですか?

基本的に任せてくれる風土です。とはいえ、要所要所は上司が見てくれていて、たまに行き詰まっているときにさりげなく話しかけに来てくれるときは感動します。笑

それから、いいものをつくることが何よりも大事という考え方があります。もちろん仕事にはスケジュールがありますが、無理に最初に決めたスケジュールを守るのではなく、いいものをつくるために柔軟に調整をしながら仕事をしています。

ユナイテッドでは今後も、エンジニアが最大限パフォーマンスを発揮できる環境をつくるために、様々なオリジナル施策や制度を展開していきます。

テクノロジー統括本部 データ解析部 M.I

〈選ボード〉エンジニアが、自分に合うキーボードを自由に選び、会社が購入費用を支援する制度。

〈技術書本棚〉技術書専用の本棚。必要な技術書について、会社が購入費用を支援する制度。

CATEGORY

関連記事