UNITED 採用情報サイト


MENU

人と仕事を知る

K.M

ゲーム事業本部 ココプレ事業部
プロデューサー/2014年新卒入社

ユナイテッドではどのような仕事を経験してきましたか?

入社してすぐにプロデューサーとして約2年半、きせかえアプリ「CocoPPa」の企画・運営を担当した後に、いまは「CocoPPa」の姉妹アプリであるアバターきせかえアプリ「CocoPPa Play」の企画・運営を任されています。ライフスタイルアプリからゲームアプリへの異動はとても大きな変化で、新入社員になったかのように、毎日新しいことをキャッチアップしながら仕事をしています。

プロデューサーとして心がけていることは何ですか?

「CocoPPa」がきっかけで「CocoPPa Play」も楽しんでくれるユーザー層だけでなく、アバターゲームというジャンルが好きなユーザー層に、いかに「CocoPPa Play」を支持してもらうかを意識して企画を考えています。ユーザーレビューや達成すべき目的に合わせて、常に多くの人に楽しんでもらえるような内容にすることを心がけていますね。

いまの仕事のやりがいは何ですか?

自分たちがカタチにした企画が、スマートフォンを通じて国内外に届くのはすごく嬉しいですね。特にやりがいを感じるのは、ユーザーから「今回のアップデート素敵!」みたいなお褒めのレビューが届くとき。「もっともっと良いサービスを届けよう!」と素直にやる気が出てきますし、いまの仕事を担当していて本当によかったと思える瞬間ですね。

特に印象に残っているエピソードを教えてください。

ゲーム事業本部の一員としてMVPを受賞しただけでなく、「四半期で最も活躍したチーム」を受賞できたときですね。もちろん、個人としての受賞も嬉しいのですが、常にチームで動いてプロジェクトを進めているので、デザイナーやエンジニアといった仲間全員で喜びを分かち合えた経験は、今でも印象に残っています。

ユナイテッドに入ってよかったと思うことは何ですか?

私は入社1年目からプロデューサーとして配属されたのですが、いきなり大きな仕事を任せてくれるところはユナイテッドの魅力のひとつだと思います。最初から企画、運営のチャンスがもらえたことで、自然と前のめりになって仕事をしてきました。とにかくやる気さえあれば、若手でも未経験者でもいろんなことに挑戦できる環境があるので、想像以上に成長できる会社だと思います。

今後のキャリアビジョンを教えてください。

大きく2つありますが、まずは「CocoPPa Play」をグローバルで愛される存在に成長させることが目標です。あとは入社前からの夢でもあった「新しい女子向けのメディアをつくる」ことに挑戦したいです。非ゲームかゲームかは問わず、世界中の女の子から支持されるサービスを提供し、業界でも数少ない女性プロデューサーとしてインパクトを残したいですね。

K.Mのある1日のスケジュール

  1. 10:00
    出社・納品アイテム確認
    レベル感精査
  2. 12:00~
    ランチ
  3. 13:00~
    イベント検討 データ作成
  4. 15:00~
    メンテナンス 新イベントリリース
  5. 16:00~
    ガチャ戦略策定
  6. 17:00~
    新施策・改善ブレスト
  7. 20:00
    退社