企業文化を知る CULTURE

内定者も応募可能!本気の新規事業創出制度

新規事業創出

現在Mさんは入社1年目で新規事業の立ち上げをされているんですよね?

はい、大学でアート系の学部に所属していたのですが、勉強を通してアートやクリエイティブ業界に様々な課題を感じていて、インターネットの力でその課題を解決したいと考えていました。

就職活動を通してその気持ちは一段と強くなり、インターネット企業のなかでも、自分がやりたい事業をできる会社を探しました。

Kazary PJ M.M

なぜ、新規事業をやるためにユナイテッドを選んだのでしょうか?

ユナイテッドなら本当に新規事業をできそうだと思ったからです。理由は2つあります。

1つは実績があったことです。フォッグ株式会社という、ファンが写真を見て好きなアイドルの活動支援ができる『CHEERZ(チアーズ)』などのサービスを運営しているグループ会社があるのですが、代表の関根はもともとユナイテッドの社員で、『U-START』という起業支援制度を利用して会社を設立しています。

新規事業や起業支援のための制度はよく耳にしていましたが、制度があるということだけでなく、しっかりと利用実績があることを知り興味を持ちました。

2つめは、私がやりたいと考えていたサービスの話を真摯に聞いてもらえたことです。複数のインターネット企業の選考を受けて、面接の際は毎回、自身の想いやつくりたいサービスの話をしていたのですが、否定されることもしばしばありました。そんな中ユナイテッドは、前向きかつ真剣に話を聞いてくれたんです。サービスについての具体的な質問もたくさんされたことを覚えています。

起業支援制度だけでなく、他の新規事業創出の施策もあるのですか?

はい、ユナイテッドには新規事業創出をするための施策が複数あります。その中で私は『U-CHALLENGE』という、自らが事業責任者になるという前提で、直接ユナイテッドの経営陣に新規事業を提案し、事業化まで決定するという施策に参加しました。

『U-CHALLENGE』は、エントリーをするとユナイテッドの役員1名にメンターとしてついてもらえることが大きな特長です。一人で考えるだけでなく、的確なアドバイスや自身の考えを更に深めてもらうような質問をメンターからもらえ、事業化に向けた壁打ちを何度もすることができます。また、通常の社員から内定者まで、手を挙げれば誰でも参加することができます。私自身、『U-CHALLENGE』を知った当時はまだ内定者でした。

新規事業をやるためにユナイテッドへの入社を決めたので、もちろん最初から興味はあったのですが、これまで自分でサービスをつくった経験も、スタートアップでの長期インターン経験などもなかったので、私ができるのだろうか という不安はすごくありました。ただ、やってみないと何も始まらないし、やらないで後悔したくない という想いで手を挙げたことを今でも鮮明に覚えています。

今後の展望を教えてください。

サービスに関しては、実はU-CHALLENGE決選時の事業案からピボットをしていて、今新たなサービスのテストマーケティング中です。ニーズを見つけて、たくさんの人に使ってもらえるサービスにすることが目の前の目標です。今は、このような機会を頂けていることに感謝をしつつ、しっかりとサービスを立ち上げて成果を出す それだけです。

ユナイテッドでは、U-CHALLENGE以外にも、社内からの新規事業創出のために複数の取り組みを実施しています。今後も会社の次の柱となる事業創出のために、積極的に新規事業創出に取り組んでいきます。

〈U-CHALLENGE〉

自らが事業責任者として新規事業を提案し、創出する場。直接経営陣に新規事業を提案し、事業化まで決定することができる。内定者も応募可能。

企業文化を知る

CULTURE

「分からない」を「できる」にする。
新規事業がゼロから学べる、
まったく新しい「育成」のかたち

内定者も応募可能!
本気の新規事業創出制度

家賃補助制度
「ご近所3」で生産性UP

GU宣言で執行役員に。
GU宣言で学んだこと。

エンジニアのための、
選ボードと技術書本棚

全社、部署単位の
24ランチ

人を知る

INTERVIEW
もっと見る