事業を知る BUSINESS

COMPANY

2012年12月 モバイル広告事業を展開していたモーションビート株式会社と株式会社スパイアが合併し、ユナイテッド株式会社が誕生。スマートフォン黎明期において、スマートフォン向けアドテクノロジー事業、スマートフォンアプリ事業を展開。現在は、「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに、DXプラットフォーム事業等の展開から有望なベンチャー企業への投資まで、インターネット業界で様々な挑戦を続けている。

STORY

  • アドテクノロジー事業の創出
    日本初のスマートフォン特化のアドテクプロダクト創出

    スマートフォンの普及率が10%未満だった時代、いち早く日本初のスマートフォン特化型SSP「adstir」の提供を開始。立て続けに、スマートフォン特化型DSP「Bypass」をリリース。国内最大級の広告プラットフォームに成長し、ユナイテッドの事業の柱となる。

    ユナイテッドの沿革_アドテクノロジー事業の創出
  • 社内起業制度から連結子会社が誕生
    フォッグ株式会社を設立

    2013年6月 ユナイテッドの社員が社内起業制度U-SEEDを利用し、フォッグ株式会社を連結子会社として設立。2014年12月、SNS上で参加できるアイドル応援の新しい応援の形として「CHEERZ」をリリース。エンターテインメント×ITを主軸としたCHEERZを中心に「CHEERZ for JUNON」「mirroRliar」「SCRAMBLE」「チアプレ」「exam」など様々なサービスを輩出。「これからの“あたりまえ”を創り続ける」ことを目指し、挑戦を続けている。

    ユナイテッドの沿革_社内起業制度から連結子会社が誕生
  • 事業領域の拡大
    キラメックス株式会社を連結子会社化

    2016年4月 オンラインプログラミングスクール「TechAcademy」を運営するキラメックス株式会社を連結子会社化。教育事業を通し人々の将来の選択肢を増やし続けることで、世の中の自己実現の最大化を目指す。個人向けには、キャリア支援サービスに加え、小中高生に対象を拡大。法人向けには、IT人材の採用支援およびオンライン研修の実施により事業を拡大。2020年、TechAcademyがオンラインのプログラミングスクールで受講生No.1を獲得し、経済産業大臣認定の第四次産業革命スキル習得講座、および厚生労働省指定の教育訓練給付制度の対象講座として認定。「次世代の教育のリーディングカンパニー」を目指し、挑戦を続けている。

    ユナイテッドの沿革_事業領域の拡大
  • 既存事業の成長加速
    アドテクノロジー領域での新規プロダクト創出

    2017年3月 世界で動画コンテンツが流行したことをきっかけに、モバイル動画広告プラットフォーム「VidSpot」をリリース。2018年4月にはアプリ特化広告配信プラットフォーム「ADeals」をリリースし、アプリインストール広告市場の課題をテクノロジーで解決する事で独自のバリューチェーンを構築する。さらに、同年8月にはアドネットワーク「HaiNa」をリリースし広告配信を促進させるなど、時代に合わせて世の中の課題や負を解決するプロダクトを創り続けている。

    ユナイテッドの沿革_
  • これからのユナイテッド
    デジタルトランスフォーメーション(DX)領域への挑戦

    2020年2月 アプリ・システム開発事業を展開する株式会社ブリューアスを新設。キラメックス株式会社と連携しながら、日本のIT人材不足の課題に取り組む。
    2020年5月 DXプラットフォーム事業を新設。大きな社会変動のタイミングで、「企業のトランスフォーメーション」と「個人のトランスフォーメーション」の支援を通して社会の変革に資するべく、ユナイテッドの成長期待事業として新たに注力している。

    ユナイテッドの沿革_