PC用社員を知るメインビジュアル SP用社員を知るメインビジュアル
人事部長から営業部長新卒 様々な経験を通してポータブルスキルが見えてくる NAO KASHIYAMA

プロフィール PROFILE

柏山奈央 NAO KASHIYAMA

2011年新卒入社

営業

部長

PRIVATE PHOTO'S COMMENT

モロッコでサハラ砂漠の朝日を見に行った時の写真です。 海外旅行に行くのが最大のリフレッシュです!

プライベート写真

社員インタビュー INTERVIEW

現在まで、ユナイテッドでどのような仕事を経験してきましたか?

新卒1年目はメディアレップ事業に配属され、広告代理店や広告主とメディアの仲介役を担う営業を担当しました。3年目では自社プロダクトの営業、そして6年目に人事へ異動しました。その後マネージャーへ昇格し、さらに8年目の10月から人事部長を務めました。そして今は営業部長として、営業本部の統括を担当しています。これまでに、かなり幅広い経験をさせてもらっています。

現在は、営業部長としてどんな仕事をしていますか?

営業組織の文化醸成に向けた各種施策の実行や、早期に一人前の営業として活躍できる仕組み形成など、組織づくりが主なミッションです。またマネージャー業務に近いのですが、総合代理店向けの営業アプローチをメンバーと共に行っています。

部長になってから努力したことは何ですか?

部長になったから、何か特別意識し始めたということはないのですが、視座を高く持つという意識は常に心がけています。立場上、部下とのやり取りが多いので、自分のポジションや求められている役割にあったコミュニケーションを大切にしています。

人事部長から営業部長へと異動したことで、学んだこと何ですか?

どの部署でも、求められるグレードの役割を理解し、成果を出すことは共通しています。環境や業務内容の変化はあるものの仕事の基礎が身についていれば臨機応変に対応できることが増えるので、ポータブルスキルの獲得方法を知ることも重要です。 その他、複数の部署を経験する中で、自分の得意不得意や好き嫌いが分かるようになってきました。自分のキャリアプランが明確に決まっていない人は、ジェネラルに様々な経験することで、次第にキャリアが明確になり、どこでも通用するスキルがしっかり固まるという利点があると思います。

今後のキャリアプラン、目指していきたいことを教えてください。

今は様々な部署での経験を通して、自分がやりたいことや向いていること・苦手なことが一通り分かってきた段階です。10年目以降のキャリアに関しては、興味のある領域の専門性を突き詰めていきたいですね。特に人や組織作りが好きなので、その分野での経験値を積みたいと思っています。

社員を知る INTERVIEW