INTERVIEW

ERINA KATO

2015年中途入社
アドテクノロジー事業
技術開発部

ERINA KATOのある1日のスケジュール

10:00

出社・チームメンバーのタスク確認

10:15

ツール導入に関わる作業や
チームメンバーのレビュー・フォローなど

13:00

ランチ

14:00

リーダーMTG

15:00

開発業務

18:00

社内勉強会

19:00

退社

入社を決めた理由は何ですか?

前職では未経験からWeb業界を1年半ほど経験しました。しかし、客先常駐が多く、Webサイトのコーディングが主だったためキャリアとして行き詰まりを感じていたんです。ユナイテッドはフロントエンドエンジニアとして経験を積める環境として志望したのですが、希望次第ではサーバサイドも担当できると聞いて入社を決めました。

どんな仕事をしていますか?

「VidSpot」「adstir」「Bypass」それぞれの広告プラットフォームの管理画面の改善や開発、広告原稿の作成、新規プロダクトのロゴやセールスページの作成などを担当するチームでリーダーを務めています。

BtoBサービスでは、運用の工数削減や売上向上に直結するサーバサイドの機能開発と比べ、管理画面の使いやすさやコードの保守性の優先度が下がりがちになります。そこでフロントチームの組成を提案し、今まで手が回らなかった部分を少しずつ改善しています。

いまの仕事のやりがいは何ですか?

徐々に開発環境が向上しプロダクトの使いやすさにつながると、やりがいを感じます。最近はバンドルツールが導入でき、ソースの二重管理を解消するだけでなく最新のツールについて学ぶ機会も得られました。

チームの雰囲気を教えてください。

男性が多い部署のなかで、全員が女性のチームなので異彩を放っているかもしれません(笑)。若い人が多く、私が指導する機会が多い反面、担当している業務はさまざまですし、得意なことはバラバラなので、わからないことは積極的に任せて助けてもらっています。

リーダーとして、チームメンバーがスキルや技術だけで自身に優劣をつけるのではなく「自分の強み」を持って仕事ができたらいいなと思っています。

エンジニアとして、ユナイテッドで働く魅力を教えてください。

いまだ「エンジニアはハードワーク」というイメージを持たれがちですが、ユナイテッドでは勤務時間やワークスタイルは個人の裁量に任せられているので、働きやすいと感じています。また、週に一度R&Dの時間を設けるなど、自己研鑽してスキルを高めたいという人に応える環境や制度が整っているので、自分のやりたいことや目標が決まっていて、かつそれを自分の言葉で伝えられる人は活躍できる会社ではないでしょうか。

休日の過ごし方を教えてください。

「部ナイテッド」という部活制度があるのですが、私は「登山部」に所属しているのでメンバーと登山に行ったりしています。ほかにもさまざまな部活があり、毎月第3金曜日が午後休になる「金曜どうしよう?」という制度を利用して金曜日のお昼にしゃぶしゃぶを食べにいく「金曜しゃぶしゃぶ部」というユニークな部活もあります(笑)。

土日は基本的に1人でゆっくり過ごすことが多く、本を読んだり映画を観たりとのんびりしています。

PRIVATE PHOTO

ここ数年毎年沖縄にいっていて、
今年シュノーケリングしたときの写真になります。

人を知る

INTERVIEW
もっと見る

企業文化を知る

CULTURE

「分からない」を「できる」にする。
新規事業がゼロから学べる、
まったく新しい「育成」のかたち

内定者も応募可能!
本気の新規事業創出制度

1日で説明会から
最終面接まで実施

家賃補助制度
「ご近所3」で生産性UP

GU宣言で執行役員に。
GU宣言で学んだこと。

エンジニアのための、
選ボードと技術書本棚

全社、部署単位の
24ランチ

誕生日を祝うGOラン!と
レコメン堂