PC用社員を知るメインビジュアル SP用社員を知るメインビジュアル
中途 次の10年も変化し続けていく YUJI YAMASHITA

プロフィール PROFILE

山下優司
YUJI YAMASHITA

2006年中途入社  経営管理本部  執行役員

モバイル広告事業のマネージャーとして入社し、高い事業成長を成し遂げて事業責任者/執行役員に就任。その後、広告代理事業の事業責任者として、運用型広告に特化したチームを立ち上げ、収益化を果たす。広告代理事業の成長を加速させた後に、アプリ事業の事業責任者として、数多くのアプリを開発/運営し、ヒットを生み出す。その経験を基にゲーム事業を立ち上げ、ソーシャルゲームアプリの開発/運営を行う。現在では、経営管理部門の責任者として、経営管理にかかる全てを統括。

社員インタビュー INTERVIEW

2006年に入社されてから現在まで、どのような仕事を経験されてきましたか?

2014年まで広告事業(モバイルメディアレップ事業・広告代理事業)の責任者を担当しました。モバイルメディアレップ事業ではモバイル(主にフィーチャーフォン)広告、広告代理事業ではアドテクノロジーを活用した広告プロダクトを中心にサービス提供していました。2014年から2019年までは、スマートフォンアプリ事業(非ゲームアプリ・ゲームアプリ)の責任者を担当しました。内製開発体制を構築しながら、様々なジャンルのアプリを数多く開発・運営してきました。2020年からは経営管理の責任者を担当することになり、今は会社の経営管理に関わる全ての統括をしています。

様々な仕事を経験をされていますが、今の仕事のやりがいは何ですか?

これまで一貫して事業部門を担当していたところから管理部門を担当し、当たり前ですが毎日新鮮です。事業部門で培った経験を活かして、これまで以上に事業・管理の連携を強化させていきたいと思っています。

ユナイテッドで働く魅力は何ですか?

内部、外部の状況の変化に応じて、自分たちの姿を躊躇することなく変える所が面白いです。当然、その中でも注力する事業は決めていきます。ただし、次の10年後はまたその時の状況に応じた事業ポートフォリオになっていて、私もまた違う役割を担っているのだろうと思います。会社の変化に合わせて、働いている自分たちの考え方や働き方も常にアップデートを求められる点は、ベンチャーらしいですし、働いていて純粋に楽しいと思います。

仕事をする上で大事にしていることは何ですか?

変化に対して「前のめり」でいることです。変化を恐れないで全て前のめりに接していけば、何事も楽しいし、それによって必ず成長できると考えています。単純なように聞こえますが、現状維持バイアスというものは思っているより強力なので、変化を受け入れるのではなく、前のめりという表現を使って自身に言い聞かせています。

社員を知る INTERVIEW