INTERVIEW

YUJI YAMASHITA

2007年中途入社
ゲーム事業本部
本部長 取締役 兼 執行役員

ゲーム事業部はどのような雰囲気で仕事をしていますか?

現在約60名が在籍しているのですが、エンジニアやクリエイターが多く、みんな個人の業務に集中していることが多いです。私は各マネージャーをマネジメントしている立場になるのですが、あまり細かく指示を出さないようにしています。基本的に「どうしろ」とは言わず、「どうしたい?」と聞きます。あるいは「もし迷ったり、アドバイスが欲しかったら声をかけて」と言っていますね。主体的に動くことが弊社のモットーですし、部内でもそういう雰囲気ができています。私たちは受託仕事をしているのではなく、ユーザーに向けて自分たちでサービスを作っていているので、納期や指示書等がありません。そのため、より主体的に考えて動くことが大切になってきます。

ゲーム事業部を管掌する上で大切にしていることを教えてください。

ゲームは非常にボラティリティの高い事業ですので、小さくまとまろうとせず常にホームランを狙うこと。そしてデータドリブンで思考して、最後はパッションで生み出すことです。よくスタッフに「左脳で考えて、右脳で生め」と言うんですが、まずはさまざまなデータをもとに、必死で考えることを大切にしています。

現在、新規事業創出施策の一つである「U-CHALLENGE」を担当しており、今年新卒入社した子からマンツーマンで新規事業のプレゼンを受けているのですが、その子にとってはおもしろいと思うことでも、私はターゲットユーザーではないので分からない。ですから、最初に「なぜ」「どのユーザーに」「どういう手法で」という部分は理屈やデータで考えてもらうようにしています。そして細部の「気持ちいい」「楽しい」「かわいい」という右脳(感覚)の部分はそれぞれのスタッフの判断とユーザーに任せます。

ユナイテッドで働く魅力は何でしょうか?

数あるベンチャー企業の中で、ひとつ弊社の違いを挙げるとするなら「10年後になにをやっているか分からない」こと。我々は常に変化をし続けて成長してきましたし、これからもそうです。実際、5年前と現在を比べると、私自身まったく違うことをやっていますしね。そんな変化を楽しめる人はユナイテッドに合っていると思います。

休日はどのように過ごしていますか?

春〜秋のシーズンは、月1回ほどのペースで社員と野外フェスやキャンプに行っています。大体10名前後の参加者がそろいますね。私の趣味がキャンプなので道具や車などは私が準備します。私が全員を誘っているわけではないのですが、人が人を呼んでいつのまにか集まっているんですよね(笑)。入社一年目の社員も参加していますし、初めて一緒に飲んだ場所がキャンプ場だという社員もいます。

PRIVATE PHOTO

社員と一緒にフェスに行ったときの写真です。

人を知る

INTERVIEW
もっと見る

企業文化を知る

CULTURE

「分からない」を「できる」にする。
新規事業がゼロから学べる、
まったく新しい「育成」のかたち

内定者も応募可能!
本気の新規事業創出制度

1日で説明会から
最終面接まで実施

家賃補助制度
「ご近所3」で生産性UP

GU宣言で執行役員に。
GU宣言で学んだこと。

エンジニアのための、
選ボードと技術書本棚

全社、部署単位の
24ランチ

誕生日を祝うGOラン!と
レコメン堂