INTERVIEW

RIE FUKUI

2017年新卒入社
新規ゲーム開発事業部
企画ディレクションチーム

RIE FUKUIのある1日のスケジュール

09:30

出社・メール・売り上げチェック
ゲームトレンド調査などの業務外の雑務

10:00

朝会

10:15

ゲーム内イベントの原稿作成

13:00

ランチ

14:00

担当している新機能の仕様、原稿の作成

16:00

ゲーム内の状況に合わせて提案、施策の作成

17:00

ミーティング

18:00

エンジニア、デザイナーとの打ち合わせ
確認物の対応

19:00

新規ゲームの企画書作りなど
自分自身の

20:00

退社

どんな仕事をしていますか?

スマートフォンゲームの運営をしています。プランナーとしてどうやったらユーザーにもっとゲームを楽しんでもらえるかを考え、ゲーム内イベントの施策や改善案、新機能の提案をしたり、仕様を作ったりしています。

丁度最近、私が一から提案した企画がゲームに導入されました。自分の作りたかったものが、デザイナーやエンジニアと相談しながら制作していく過程で、想像していたよりもさらに良い形になっていくと、仕事のやりがいを感じます。

ユニーク採用経由で入社されたそうですが、なぜユニーク採用を受けようと思ったのですか?

私は、学生時代にゲームを7本ほど開発していました。他にも、小説に音や絵のついたインタラクティブ性のあるノベルアプリなどを作った経験もあります。この経験は、これからゲーム事業により力を入れていこうとしているユナイテッドでは必ず活かせると思ったんです。学生時代には、悔しい失敗をした企画もたくさんあったので「いつか最高のチームで最高のゲームを作りたい」という想いがあり、ゲームプランナーを志望しました。

ユニーク採用を受けてみて、いかがでしたか?

いろんな学生の「あり方」に寄り添ってくれる採用方法だと感じました。就職活動は企業が決めた形式に学生が合わせる流れが一般的ですが、ユニーク採用では「あなたのユニークな面を見ますよ」という姿勢を示してくれます。学力など関係なく、「ゲームプランナーとしての面を見ます」という一貫した評価の仕方で無駄がなかったと感じました。採用方法以外でも、私は地方在住なので東京での就職活動はとても大変だったのですが、東京に来る回数が少なくなるように日程を調整してくださったりと、本当に学生に寄り添ってくれる会社だなと感じました。

入社してよかったと思うことは何ですか?

新規事業創出のための「U-CHALLENGE」という制度では、企画を提出すると役員が直接フィードバックをしてくれるんです。また「U-START」という制度を利用して子会社社長として新規事業を立ち上げている若いメンバーもいたりと、刺激し合える環境があるのはいいなと思います。またゲーム事業部は立ち上がったばかりなので、まだまだ制度が追いついていない部分があるのですが、そういった課題に対して、社員に寄り添って会社全体を変えていける柔軟さがあるところも入社してよかったなと思います。

社内の雰囲気を教えてください。

私は短気なので、たまに思うようにいかないことがあると感情が爆発してしまいそうになることがあるのですが(笑)、それを事前に察してマネージャーや事業部長が声を掛けてくれたり、相談に乗ってくれます。そんなとき、いい環境にいるなと実感します。上の方に意見も言いやすいので、いい意味で上下関係がないですね。

休日はどのような過ごし方をされていますか?

趣味のひとつがゲーム開発なので、休日もゲームを作っているか、ゲームをプレイしています。スマホにもゲームアプリばかり入っていますよ。ゲーム開発は大変なことも多いのですが、できた瞬間の喜びは他にはない中毒性があるので、飽きることはないですね。

PRIVATE PHOTO

趣味で書道をしています。

人を知る

INTERVIEW
もっと見る

企業文化を知る

CULTURE

「分からない」を「できる」にする。
新規事業がゼロから学べる、
まったく新しい「育成」のかたち

内定者も応募可能!
本気の新規事業創出制度

1日で説明会から
最終面接まで実施

家賃補助制度
「ご近所3」で生産性UP

GU宣言で執行役員に。
GU宣言で学んだこと。

エンジニアのための、
選ボードと技術書本棚

全社、部署単位の
24ランチ

誕生日を祝うGOラン!と
レコメン堂