PC用社員を知るメインビジュアル SP用社員を知るメインビジュアル
新卒 クライアントに高い水準の価値を提供できるよう日々奮闘 YUYA YAMADA

プロフィール PROFILE

山田祐也
YUYA YAMADA

2018年新卒入社  DXソリューション本部  マネージャー

新卒入社後、アドテクノロジー事業における広告代理店向けの営業に従事。入社後すぐにトップクラスの営業成績の常連となり、入社2年目に部署内最速でマネージャーに昇格。営業組織の育成や戦略、事業計画の立案に携わった後、総合企画部(現DXソリューション本部)に転属し、コンサルティング業務に従事。プロジェクトリーダーとして新規事業の事業性検証プロジェクトや出版社のオウンドメディア構築を中心としたデジタルマーケティング企画やBtoBサービス提供企業の全社戦略の構築と実行支援プロジェクトに従事。

社員インタビュー INTERVIEW

現在の業務内容は何ですか?

戦略コンサルタントとして、企業のDXを推進するコンサルティングを行っています。例えば、アプリのサービスを立ち上げたいクライアントの事業性を検討する上での支援、クライアントのオウンドメディア構築に対する支援、教育機関での業務オペレーションのDX化など、幅広く担当しています。時にはグループ会社のブリューアスとタッグを組みながら、クライアントに提案しています。

戦略コンサルタントとしてのやりがいは何ですか?

幅広い業界に関する知識を得られること、ビジネスに必要なポータブルスキルを身に付ける機会が多々あることです。クライアントの課題解決に向けて私たちも本気で取り組むため、提案には相応のクオリティーが求められます。日々クライアントの課題に向き合い、上長である役員との議論を通して、これらのスキルを自然に身に付けることができています。

さらに、コンサルティングという形で、企業が変革するプロセスに関わることにもやりがいを感じます。例えば、クライアントとディスカッションを繰り返し、自分たちが提案したソリューションをクライアント側が受け入れてくれた時には大きな達成感を感じました。上長やチームメンバーと試行錯誤してソリューションを検討し、結果クライアントから信頼いただけることは大変嬉しいです。クライアント企業が変革をする中での重大な意思決定に携わる責任は大きいですが、その分熱量を持ちながら働くことができています。

業務を通して身に着くスキルは何ですか?

仮説構築力、論理的思考力、そして本質を見極める力だと考えます。これらのスキルは、言うのは簡単ではありますが具体的な事例で身に着けていくのは本当に難しく、コンサルタントを務める上で欠かせない力です。コンサルタントは明確な正解がある仕事ではないため、これらを自発的に考え続けなければ価値を発揮できません。このような業務環境の中で、戦略コンサルティングファーム出身の上長から日々フィードバックをいただけるため、学びながら実践し、スキルを習得できます。

コンサルタントは自分たちの考え方や知識が資本になるため、いかなる状況においても高い水準で価値提供できるよう奮闘しています。

ユナイテッドならではのDX戦略コンサルティングの魅力は何ですか?

これまで事業会社として培ってきた事業運営の知見、マーケティングの考え方、サービス開発力を活かして、クライアントに幅広いソリューションを提供できることです。また、小規模な組織なので、自分たちで組織を作り上げていくプロセスを体感できます。早い段階でクライアントの上層部の方と直接会話できたり、役員である上長と近い距離で働くことができます。このような環境が備わっているため、粘り強くソリューションを考え続けられる人、考えることが好きな人はユナイテッドのコンサルティングを通して成長できると思います。

マネージャーとして、新卒メンバーを取りまとめていらっしゃいますが、新卒メンバーにはどのような人が多いと感じますか?

固定概念に縛られず、柔軟に意見を取り入れられる素直な人、成長意欲が強く向上心の高い人が多いです。自分だけの考えに囚われず、色んな考えを吸収したいといった心意気が共通していると思います。

仕事にひたむきに取り組む新卒メンバーの姿を見ると、自分も負けていられないと感じますね。メンバーが工夫して考えてくれた案を聞いて感心することも多々あり、日々新卒メンバーからは刺激を受けています。

社員を知る INTERVIEW