ユナイテッド株式会社

NEWSニュース

プレスリリース

  • プレスリリース
  • アドテクノロジー事業

DSP『Bypass(バイパス)』、機械学習を用いた 『AI(エーアイ)配信』機能の提供を開始

 ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497)は提供するDSP(※1)『Bypass』(http://www.bypass.jp/ja/)において、CPA最適化配信エンジンの配信ロジックに、機械学習(※2)等の人工知能技術を用いた、「AI配信」機能の提供を開始致しました。

 

■「AI配信」機能とは

 広告主の目標とするCPAを満たしながら、コンバージョン数を最大化させることを目的に、ビッドリクエスト毎にCTRおよびCVRの予測を行い、自動で最適な広告配信単価を算出して入札を行う機能のことです。

 CTRおよびCVRの予測については、膨大なデータを用いた機械学習を行っており、学習量に応じて予測ロジックの精度が向上し、広告効果が改善していくという特長があります。

 

img_dsp_ai

 

■従来の「CPA最適化」機能との違い

 「AI配信」機能では、従来の「CPA最適化」機能と比較し、予測に活用する多変量解析の要素が増えており、予測精度が高くなっております。

 また、従来の「CPA最適化」機能においては、上限入札単価の設定が必須となっており、CTRおよびCVRが高いと予測されたビッドリクエストに対して、最適な単価での入札ができず、コンバージョン数を最大化できないケースがありました。

 「AI配信」機能については、上限入札単価の設定を廃止し、全てのビッドリクエストに対して最適な単価で入札を行うことで、目標CPAを満たすだけでなく、コンバージョン数を最大化させることもあわせて実現します。

 

 先行して実施した「AI配信」機能のテスト結果では、「AI配信」実装前と実装後でコンバージョン数が約50%増加、CPAが約30%改善という実績となりました。

 

img_bypass_ai_02

 

Bypassでは今後も新たな機能の開発/強化に努めて広告効果の向上に取り組み、事業の拡大を目指して参ります。

 

■『Bypass』とは

logo_Bypass

2012年4月にスマートフォン特化型広告配信プラットフォームとしてサービスインし、複数のSSPと接続することで国内最大級のスマートフォンRTB在庫を確保しています。2013年8月にはPCへも広告配信を開始し、2015年12月までに累計で3,900社を超える広告主にご利用頂いています。

 

(※1) DSP(Demand Side Platform)

設定した配信ロジックに従って、最適なユーザーへ広告を配信し広告効果の最大化を狙う、デマンドサイド(広告主側)の広告管理プラットフォームのこと。

 

(※2) 機械学習

機械学習とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のこと。

 

■会社概要

ユナイテッド株式会社

本店所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 アライブ美竹

設立日:1998年2月20日

代表者:代表取締役会長CEO 早川 与規

資本金:2,907百万円  ※2015年3月末現在

U R L :https://united.jp

 

PAGE TOPPAGE TOP