ユナイテッド株式会社

NEWSニュース

プレスリリース

  • プレスリリース
  • その他事業

ユナイテッドと博報堂、ブロックチェーン技術を活用した 新たなマーケティング・ビジネスの共同研究開発プロジェクト 「ブロックチェーン・イノベーション・ラボ」を発足

ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497、以下「ユナイテッド」)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下「博報堂」)は、ブロックチェーン技術を活用した新ビジネスの今後の発展可能性に着目し、当該技術のマーケティング領域への活用について研究開発活動を行う共同プロジェクト「ブロックチェーン・イノベーション・ラボ(以下「BI Lab」)」を発足したことをお知らせいたします。

 

ユナイテッドは、広告事業(アドテクノロジー事業)において長年培ったデジタルマーケティングの経験・ノウハウを持ち、同時にゲーム事業・コンテンツ事業といったエンドユーザー向けの多様なサービスも展開しております。現在、アドテクノロジー事業においては広告配信システムへのブロックチェーン技術活用を研究しており、また、2017年10月に新設した子会社コイネージ株式会社(仮想通貨交換業の申請準備中)においては仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術の研究を行なっております。

 

博報堂は、2018年9月19日に「HAKUHODO Blockchain Initiative」の組成と活動開始を発表しており、ブロックチェーン技術の活用やトークンコミュニティ(注1)の形成に関連したビジネスやサービス、ソリューションの開発を支援し、推進していくことを目指した活動を開始しております。

 

 

ユナイテッド及び博報堂は、BI Labにおいて、ブロックチェーン技術により実現されるトークンコミュニティの形成が、多様な価値観を持った不特定多数の生活者(注2)の行動に今後大きな影響を及ぼす可能性に着目し、「トークンコミュニティがデジタルマーケティングをどう変えるか」をテーマに、以下の研究開発活動を共同で行ってまいります。

 

1.ブロックチェーン技術を活用した分散型アプリケーションの国内外における事例研究と、デジタルマーケティング領域への当該技術の活用可能性の研究

 

2.上記1の研究で得られたアイディアを基にした、新たなマーケティング・ビジネスの企画・設計・プロトタイピング等

 

両社は本取組みにより、ブロックチェーン技術のマーケティング領域への活用を模索し、将来的な新サービス提供に向けた研究開発活動を推進してまいります。

 

 

(注1)
ブロックチェーン技術で実装されたトークンを活用し、共通の価値観を持った不特定多数の参加者が活発に価値交換を行うコミュニティを指す。

 

(注2)
人を、単に「消費者」として捉えるのではなく、多様化した社会の中で主体性を持って生きる「生活者」として全方位的に捉え、深く洞察することから新しい価値を創造していこうという考えに基づく用語。

PAGE TOPPAGE TOP