ユナイテッド株式会社

NEWSニュース

プレスリリース

  • プレスリリース
  • プレスリリース (label)

ネットエイジの経営統合と持ち株会社化について

2004/01/20 各 位

株式会社ネットエイジ 代表取締役社長 西川 潔
ナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社 代表取締役社長 小池 聡
~ネットエイジの経営統合と持ち株会社化について~ 

株式会社ネットエイジ(東京・渋谷区 西川潔代表取締役社長)とナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社(旧ネットイヤー・ナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社、東京・渋谷区 小池聡代表取締役社長)は、純粋持ち株会社を設置し経営統合することを検討してまいりました。
昨日開催された各社取締役会において、2004年3月9日付で株式会社ネットエイジを株式会社ネットエイジグループと改称し会社分割を行い、翌3月10日付で株式交換によりナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社との経営統合を行うことを決議の上、合意いたしましたので、その概要を以下の通りお知らせいたします。
1.経営統合と持ち株会社化の目的
株式会社ネットエイジは、ネットビジネスのインキュベーション企業としてインターネットを応用したさまざまな事業開発・育成を行って参りましたが、この度、同社を会社分割して純粋持ち株会社化し、ベンチャーキャピタル・ファンド運営をはじめ日・米・アジアでの投資・M&Aおよびインキュベーションで実績のあるナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社を株式交換により経営統合することに合意いたしました。
これにより、インキュベーションを行った企業の株式売却益に依存する収益体質から脱却し、「安定的な収益基盤確立のためのビジネス開発を行う事業会社」と「収益機会の拡大を図るための有価証券のポートフォリオ管理、育成、売却、M&A等の投資事業およびコンサルティングによる事業会社」の2社を傘下とした純粋持ち株会社に再編し経営の合理化を図ります。この結果、インターネットビジネスにおける事業開発、技術開発、ファイナンスによるバリューチェーンを構築し、インターネットビジネスのホールディング・カンパニーとしての位置づけを明確にしていきたいと考えております。
2.社名変更、持ち株会社化と会社分割
株式会社ネットエイジは2004年3月9日付で、社名を株式会社ネットエイジグループと変更し、同社を純粋持ち株会社化します。持ち株会社化に際しては、その資産の一部である事業開発及び技術開発部門の営業を同社が新設する株式会社ネットエイジに承継させるための新設分割を行うと同時に、同社の資産の一部である投資事業部門をナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社に承継させるための吸収分割を行います。
3.株式交換による会社統合
2004年3月10日付けで株式会社ネットエイジグループの発行する新株と、ナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社の株式を交換し、同社を株式会社ネットエイジグループの完全子会社とします。尚、ナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社は社名をネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社に変更します。
4.分割・統合完了後の組織概要
一連の分割・統合が完了した後の組織概要は下記の通りです。
——————————————————————————–
【完全持ち株会社】
 ◆株式会社ネットエイジグループ
  代表取締役社長 西川 潔
  代表取締役    小池 聡
【インキュベーション】
 ◆株式会社ネットエイジ
  代表取締役    西川 潔
【投資・M&A・コンサルティング】
 ◆ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社  
  代表取締役    小池 聡
——————————————————————————–
このリリースに対するお問い合わせ:
執行役員 田中 公一 (Tel:03-5459-2255 pr@netage.co.jp
【株式会社ネットエイジ】http://www.netage.co.jp/
インターネットビジネスに特化したインキュベーション(事業育成)企業。FreeML、ネットマイル、富士山マガジンサービスなど、数多くのインターネット関連事業を育成し、資本参加をしている。また、新規事業育成を行う大手企業に対し、技術開発および事業開発コンサルティング等のプロフェッショナルサービスを提供している。
【ナレッジキャピタル・パートナーズ株式会社】
インターネット黎明期から、インターネットに特化した投資、インキュベーション、コンサルティングを行ってきた米国ネットイヤーグループ・インク(ニューヨーク 小池聡CEO)が100%保有する企業。ベンチャーキャピタル・ファンド運営、および日・米・アジアでの投資、M&A、インキュベーション実績を有する。

PAGE TOPPAGE TOP