ユナイテッド株式会社

NEWSニュース

プレスリリース

  • プレスリリース
  • DXプラットフォーム事業

ペンシルとの業務提携に関するお知らせ D2Cに特化した構築パッケージの提供を開始し、小売領域のDXを促進

ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 執行役員:早川 与規、証券コード:2497、以下:ユナイテッド)は小売領域のデジタルトランスフォーメーション(DX) に向け、研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長CEO:倉橋美佳、以下:ペンシル)と2021年10月27日(水)より業務提携を開始することをお知らせいたします。また提携による取り組みの第一弾としてD2Cに特化した構築パッケージの提供を開始いたします。

 

 

ユナイテッドは、企業のDXを支援する「DXプラットフォーム事業」に注力しております。当該事業において、DX人材の輩出と企業のDX支援により、社会のDX推進を行っております。

 

ペンシルは、企業のウェブ戦略を成功に導く研究開発型のウェブコンサルティング専門会社です。独自の視点から実験や研究を重ね、研究結果によるノウハウをもとにクライアント企業のウェブサイトを分析し、ウェブからの売上や成約をアップさせるためのコンサルティングを実施しています。ウェブサイトの目的と目標を明確にするコンセプトワークから、アクセス分析、マーケティング、競合調査、企画提案、ウェブサイト制作など、ウェブサイトの入口から出口までを総合的に支援しています。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、オンラインで物を購入するなど、消費者のデジタルサービス利用が加速しました。小売業界では人々の消費行動の変化に合わせて、従来の店頭販売だけでなく、自社ブランドのウェブサイト運営、マーケットプレイスへの参入、ソーシャルメディアなど、さまざまなチャネルを活用しDXを推進する事業者が増えてきています。

 

中でも「D2C(Direct to Consumer)」と呼ばれる製造者がダイレクトに消費者と取り引きをするビジネスモデルが注目されています。メーカーが商品の開発・製造から販売までを自社で行うため収益性が高い点や、多くの顧客データを収集・蓄積しやすい点から取り入れようとする企業が多く、ペンシルでは事業者から問い合わせを受ける機会が増えていました。

 

このような企業の状況を鑑みて、ユナイテッドとペンシルは小売業界のDX促進を目的とした業務提携を行います。ユナイテッドはDXを軸とした戦略アドバイザリーの知見・ECサイトやアプリの企画開発の経験、ペンシルはウェブに特化したコンサルティング技術を強みとしています。それらのノウハウを掛け合わせることで、企業はD2Cのビジネスモデルを活用したECサイトの構築をはじめ、小売領域のDXに必要なサポートを受けることが可能になります。

 

両社による取り組みの第一弾として、まずD2Cに特化した初期構築パッケージを提供開始いたします。具体的には175ヵ国で100万以上のストアが日々運営されている世界最大級のマルチチャネルコマースプラットフォームの「Shopify」や、LP作成から受注・顧客データ管理分析など、ECに必要な機能を揃えたオールインワンECプラットフォーム「ecforce」を活用し、D2Cのビジネスモデルを活用したECサイトの初期段階の構築をサポートいたします。今後も小売業界のDXに向けて段階的に、両社による支援策を実施予定です。

 

株式会社ペンシル
本店所在地 :福岡県福岡市中央区天神1丁目3-38 天神121ビル5F
設立日 :1995年2月10日
代表者 :代表取締役社長CEO 倉橋美佳
業務内容:ウェブコンサルティング、ウェブプロモーション、ウェブマーケティング、アクセス解析
U R L :https://www.pencil.co.jp/

 

ユナイテッド株式会社
本店所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル
設立日:1998年2月20日
代表者:代表取締役社長 兼 執行役員 早川 与規
事業内容:DXプラットフォーム事業、インベストメント事業、アドテクノロジー事業、コンテンツ事業
U R L :https://united.jp/

PAGE TOPPAGE TOP